Welcome to my blog

twilight drop

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠に咲く花の各邸位置

  • CATEGORY創作
  • PUBLISHED ON2006/ 12/ 12/ 20:47
京都・観光文化時代MAP 京都・観光文化時代MAP
新創社 (2006/10)
光村推古書院
この商品の詳細を見る



…なんてものを買ってきました。
近代~平安時代まで、時代別に京都の地図&簡単な解説が書かれている本です。
で、今回和泉がこの本を購入した理由はただ一つ!
地図です、地図。
現在の京都と平安京を照らし合わせることができる地図だったんですよ…!
結構見やすかったので、すかさず買ってしまいました。
史料系の本を衝動買いしたのなんて久しぶりー…
高校時代とかはしょっちゅうやってたけど(ぇ)


そして 何でそんな地図が欲しかったかというと、ここでタイトルの話になるわけです。
地図が欲しかった理由、それは
永遠花キャラたちの現在の邸位置を知りたかったから。

「それだけの理由?」と思われるかもしれませんが、それだけの理由です(爽)


一応 創作上で『永遠に咲く花』キャラたちの邸位置は、大体ですが決められています。
色々な平安京地図を照らし合わせて、何も書かれていない(要するに誰の邸かは不明)位置に適当~に作らせてもらいました^^;
ま、そんな感じで全員の邸位置は決まっているわけなんです が。
個人的にちゃんとした距離感を知りたくってですね。
折角京都にいるんだから、ということで“永遠花キャラの邸跡(笑)を巡る”野望を密かに抱いてみたりなんかして。
でも肝心の照らし合わせることの出来る地図が手に入らず…;;
それが念願叶って、今日手に入ったというわけです^^


架空人物の邸跡を巡る旅……
自分でも「どうよ?」と思わなくはないですが(笑)
それでも地図を片手に、近々野望を叶えに行ってきたいと思います!
で、できれば誰かと一緒に行きたいんですけど ね。
一人じゃきっとあやしすぎる
けれど、果たして“架空人物邸跡巡り”に気乗りしてくれる人がいるのかどうかという……(汗)
そんなわけで、たぶんきっと一人でふらりと行って来ることでしょう。
公園とかだったら、写真撮ってきてブログに載せたいなー(笑)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。