Welcome to my blog

twilight drop

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千歳の君

  • CATEGORY創作
  • PUBLISHED ON2007/ 06/ 03/ 22:46
トップ絵を変えました。
変えたけど、フリー絵は未だ配布中です。正直いつまでフリーにするか決めてn……

ともかく(ムリヤリ話題転換/爆)今回のトップは「千歳の君」より篁&芙蓉でございます。この2人を描く時は、この構図(お姫様抱っこ)が一番しっくりくるのは何故なんだろう…
そして 実はこれ、全身図だったりします。
最初は全身図をトップにする予定だったのですが、いざアップしてみると空白が目立つ目立つ(汗)
そのため、急遽バストアップに変更となった次第です。
うぅ、こんなことなら ちゃんとペン入れするんだった…!
アップにしたら主線の鉛筆の雑さが露に… orz
色塗りは休みなのをいいことに、今日一日で仕上げました。これくらいだったら数時間で終わるらしい。
で、篁の髪に結紐を付け忘れたことに、全てが完成した後で気づきました…;
カラーで楽しいのは髪の毛を塗る時だと気づいた今日この頃(ぇ)


以下、「千歳の君」について徒然に。



何故「千歳の君」というタイトルになったのか、全然思い出さない和泉です(爆)
メモってたはずなんだけど な…… orz
たぶん、平安時代と現代を指してるんだとは思う。
古語辞典で「千歳」をひくと

**********

ち-とせ【千歳・千年】(名)
千年。長い年月。限りない年数。

**********

…なんて意味が出てくるんですよね。
たぶんきっと、千年前の平安時代と千年後の現代で出逢う2人を指しているのだと思いたいです。
由来はわからずとも、結構気に入ってるタイトルだったりします。


ご存知の方も多いように「千歳の君」は平安時代・現代が舞台のお話です。
平安編は史実に伝わる篁と異母妹の話がベース。
まぁ、当然のように異母妹の名前は伝わってないので ね^^;
“芙蓉”という名前は現代編と合わせて和泉が考えました。実際は異母妹の名前は何だったのかな~…気になる。
で、この異母兄妹についての話は知ってる方もちらほらいるんじゃないかなーと思うんですが…どうなんだろ??
ちなみに「千歳の君」はその話をベースにしているんで、流れ的には同じ結末になる予定です。
簡単に言ってしまえば、現代編はあまりにもな結末を変えるために考えたと言っても過言じゃないかも。そんな現代編はまったくの創作なので、好き勝手にやってやろうと目論んでます(ぇ)
でも現代編は未だにキャラが掴めてないのが正直なところだったり;
そういうわけなので、平安編を見ることが多くても(特にイラスト)目を瞑って頂けると有難いです(汗)


そうそう、芙蓉の服装ですが。
まったく一緒ではないものの、平安初期の女官衣装をモチーフにさせてもらってます。
平安初期はまだまだ奈良時代の色が強いので、その辺りの衣装だと思って頂ければいいはず。この服装って裾が可愛いと思うんだ…!ぇ
篁はどうしようか迷った結果、狩衣です。
狩衣っていつ頃から着てるんだろね、と謎に思いつつも採用された狩衣(爆)
そんな正確に時代考証を行っているわけじゃあないので ね。
ここ違うんじゃない?と思ってもスルーしてもらえると非常に有難いです^^;
ほら、しょせんはファンタジーだから さ!!爆


何かちょっと色々書いてみたくなったので、書いてみたわけなんですが…
最悪の締めだな、おい。
読み返してみたらば特にネタバレも何もない感じだね。いないと思いつつも、もし期待してた方がいらっしゃったらすみません;
和泉の平安創作はどうしても「永遠に咲く花」がメインになっちゃってるんですが、「千歳の君」もよろしくしてやって下さると嬉しいですv


※「千歳の君」は燈子とのコラボサイト『燈穂』でもご覧頂けます。
※『燈穂』で公開している作品は当サイトでは公開しておりません。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。