Welcome to my blog

twilight drop

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装束の美

  • CATEGORY巡り記
  • PUBLISHED ON2007/ 07/ 06/ 20:49
今日は栗ちゃんと一緒に奈良まで行って参りました!
目的は奈良県立美術館で開催中の『装束の美~王朝文化のおもかげ』という名の展覧会。
実はこの宣伝ポスターが狩衣の写真でして ね。
めっちゃ喰いついた和泉に、栗ちゃんが付き合ってくれた次第です^^

感想としては、そうだなぁ…
とりあえず実物の束帯やら狩衣やらが見れたのは嬉しかったです。うん。
でも、ただ装束が展示してあるだけなので、正直装束を着たマネキンとかがいたら良かったのにな~なんて^^;
やっぱり着物は実際に着ているところが見たいんですよ…!(ぐっ)
あと裏側はどうなってるのかも気になるし。
ちなみに和泉は狩衣などを着ているマネキンを見かける度に、カメラ片手にその周囲をぐるぐる歩き回ってます(爆)
あと欲を言うなら、檜扇や蝙蝠などの小道具類も見たかったなー…なんて思ったり。でもでも入館料はかなり安かったので、それを思えば満足な展覧会でありました。
それにしても、未だに裳の付け方がよくわからん………
大口や表袴もどうやって着てるのか、着付けしてるところを実際に見てみたいんだけどなぁ;


奈良公園で鹿と戯れたあとは昼食タイム。
で、その後は観光客気分でぶらぶらとお土産屋さんを見つつ歩くことに(笑)
猿沢池まで行った時にふと目に入った案内看板。
それを見てみるとなんと、志賀直哉旧居があるじゃないですか…!
志賀直哉は結構気になる文豪だったこともあり、栗ちゃんにお願いして行ってみることになりました。
「何処だ、何処だ」と微妙に迷いつつ(ぇ)何とか志賀直哉旧居に到着です!
※クリックで写真拡大します
志賀直哉旧居

ここが入口なんですが、もう雰囲気がかなり素敵で!
お庭を通り、茶室や住居の脇を通って奥へと進みます。
中には入れないのかな?と思ったりしたのですが、ちゃんと入らせてもらえました。
志賀直哉旧居

ちなみに写真に写っているのが、その見学のための入口です。簀子部分から上がらせてもらった感じ。
見学出来るのは本当に一部だけなんですが、サンルームが広くて静かで居心地よかったです^^
落ち着きのあるゆっくりと出来る場所なのでお勧めですよ~


志賀直哉旧居を後にし、今度は栗ちゃんリクエスト(?)の浮見堂へ。
浮見堂

鷺池に八角堂形式のお堂が浮かんでいる素敵な場所です^^
私たちが行った時は霧雨が降ったりしていたせいか、なんと嬉しいことに貸切状態!
アングルを探し求めてうろうろしつつ(笑)思い切り浮見堂を満喫してきましたv
写真を見てもわかると思いますが、水面に写る姿が本当に綺麗で! 
少しだけ平安神宮神苑の太平閣を思い出したのはここだけの話(ぇ)


その後は興福寺を通り抜け、またまた鹿と戯れながら、近鉄奈良駅へ。
奈良に行ったのは約2ヶ月振りだったのですが、すごく楽しかったですv
そして、和泉の誘いにいつも快く応じてくれる栗ちゃんには本当に感謝しておりますっ!ありがとう~~><




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。