Welcome to my blog

twilight drop

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○が~だったらこうだ!!バトン

  • CATEGORYバトン
  • PUBLISHED ON2007/ 07/ 07/ 20:21
ふと気づけば7月の予定がいっぱいです。
スケジュール帳で確かめてみたら、丸一日フリーの日が6日間くらいしかなかった…!
え、あれ、何で………?
今月中旬で授業は全部終わるから、休みが多いと思ってたんだけど な。むぅ。

とりあえず、14~16日は去年同様に某町屋の展示手伝いに行くことになりました。
祇園祭が17日だから、宵々々山~宵山期間ですネ。
ちなみに一日中ずーっと入ってます。
……そっか。こういうことしてるから休みがないんだな、きっと;
ご招待券という名のタダ券を2枚ほど持ってますんで、もし行ってみたい!という方がいらっしゃいましたら差し上げますヨー
使わないのも勿体ないからね。うん。


さてさて、今日も今日とてバトンに答えたいと思います。
だいぶ消化出来てきたぞ…!
今回のバトンは葵さんに回してもらいました^^
回答は続きから。




○○が~だったらこうだ!!バトン
~前提~
「学園ネタも話が通じるものとして。年の差も総無視!」で行きます。

指定→師匠(保憲)と桂で晴明について



学園編

■『晴明』があなたのクラスにいたら?

桂「ハルが同じクラスなのは嬉しいわ」
憲「桂は素直だね」
桂「兄様は嬉しくない?」
憲「いや、嬉しいよ?からかう相手が出来るわけだからね(にこり)」
桂「兄様………」

■『晴明』に苦手な科目と得意な科目とかあったとしたら?
桂「ハルに苦手な科目なんてあるの?」
憲「そりゃあ、あるだろう。晴明だって人間だからね」
桂「でも思いつかないもの」
憲「まぁ、大切な幼馴染みに格好悪いところは見せられないだろうからね
桂「兄様、何か言いました?」
憲「いや、何でもないよ。そういえば、桂は晴明が楽を奏でてるの聴いたことあるかい?」
桂「そういえば、一度もない……って、もしかして苦手な科目は音楽!?」

■『晴明』が何か部活にはいっていたら?
桂「弓道部!」
憲「それはまた、どうして?」
桂「だって、神楽は絶対弓道部に入るでしょう?そしたら、白露と一緒に試合応援とかに行けるじゃない」
憲「……………」
桂「……何か変なこと言った?」
憲「いや、実に桂らしい回答だと思っただけだよ」

■『晴明』が学校行事に参加したらどんな様子?
桂「はしゃいだり…はないわね、絶対」
憲「まさか、渡月じゃあるまいし」(ひどい)
桂「あ、でも実行委員とかはしてそう」
憲「そして、ついつい放っておけずに自分の仕事を増やしていくタイプ」
桂「ああ……」(納得)

■『晴明』が臨時職員としてあなたの学校にやってきたら?
桂「人気ありそう」
憲「どうしてそう思う?」
桂「優しいし、教え方もわかりやすいと思うから」
憲「まぁ、上辺だけならそうだろうね」
桂「うわべ………?」
憲「いやいや、こっちの話だよ」


パラレル編

■もしも『晴明』の歳がちっちゃくなったら?

憲「ああ、いいね。あの昔の可愛い晴明に戻るわけだ」
桂「今は?」
憲「いや、今の年になって可愛いと言われても晴明は嬉しくないと思うんだが…?」

■もしも『晴明』が性別逆転だったら?
憲「外見はおかしくはないんじゃないか?」
桂「そうよね、今だって女の子みたいな顔してるんだもの」

■『晴明』が本業以外に副業(バイトとか)してたら?
桂「本業って都の御祓い?」
憲「いや、この場合はそっちが副業で本業は学生にしておくべきなんじゃないか?」

■実は『晴明』はあなたの兄弟でした!!
憲「もう私の弟のようなものだけどね」
桂「私も小さい頃から一緒にいるから、兄弟と言われても違和感ないのよね」
憲「……………」
桂「兄様?」
憲「あ、いや。晴明が不憫に思わなくもないかな、と」
桂「???」

■『晴明』が動物になっちゃった!
憲&桂「「」」 ←身も蓋もない(爆)


■回す人とお題
うーん、どうしよっかな…

栗ちゃん→「山田くんと清で菅ちゃんについて」

い、如何でしょうか…? 
もしお暇でしたらネタにでもしてやって下さいなー(ぇ)

* * * * * * * * * *

晴「お師匠様、ちょっとお時間宜しいですか?」
憲「おや、どうしたんだい?」
桂「???」

~桂に聞こえない場所に移動~

晴「どうして不憫だとか、そういう余計なことを仰るんですか!」
憲「そう思ったから言ったまでだよ?」
晴「なぜ、桂が私のことを兄弟だと思うのが不憫なんですか?」
憲「………………
晴「?」

* * * * * * * * * *

自分の気持ちに鈍い弟子を持つと大変ですネ!ぇ
そして兄様の口調が、桂と晴明の時では違うことに気がつきました(爆)

回して下さった葵さん、どうも有難うございました!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。