Welcome to my blog

twilight drop

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安珍・清姫の鐘/木華開耶媛

  • CATEGORY巡り記
  • PUBLISHED ON2007/ 11/ 29/ 21:41
今日はいきなり午後の予定ががら空きになりました。
午後の授業が全部休講って何事…!

で、折角なので久々にふらりと出かけて参りました^^
この時期の京都は何処に行っても人がいるので ね、なるべく人がいなさそうな場所をセレクト。
その結果、誰もいませんでした。
予想以上の結果にびっくりです 笑


今日行ってきたのは妙満寺。
実はですね、ここにはあの娘道成寺などで有名な安珍・清姫の鐘があるのですよ!
つい最近そのことを知って行ってみたくて。
ちょっとくらい遠くてもいいやー!という気分で思い切って行ってきたわけなんです が、意外に家から近かった 笑
最寄のバス停から乗り換えなしで行けるのは有難いことです^^
でで、人がいないのをいいことにかなりのんびり見てきました!
境内の紅葉も綺麗だったし、いい時期に行ったかも~vv
境内の雰囲気もすごく私好みで、おかげでデジカメが大活躍でした。今度はライトアップを見に夜に行こうかな…! 12月8日までらしいし。
そして今回訪ねた目的とも言える安珍・清姫の鐘は展示室に。
思ってたよりも小さかったか も………
今ある鐘は当然二代目なわけですが(初代の鐘は清姫が安珍ともども焼いちゃったからね;)大きさって同じなんだよ ね?
鐘についての知識が皆無なので、標準の大きさもよくわからないのですが… 安珍が鐘に隠れた、ということで勝手に大きな鐘だというイメージを持ってたみたいです^^;
それによくよく考えたら、昔の人って今よりも小柄だし、そんなに大きい鐘じゃなくても大丈夫よね。うん。
ちなみにこの鐘、今も毎年供養が行われているそうです。
とりあえず念願の鐘が見れたので満足でした!
あと「好きだなぁ」と思える雰囲気のお寺だったのも嬉しかったーvv


満足しつつ妙満寺を後にするも、まだ時間が早い。
…と、いうわけで。
今度は岩倉から衣笠へと移動して堂本印象美術館へ。行ってよかったと本気で思いました。
ようやく「木華開耶媛」と会えたよ───!!!!!
「木華開耶媛」という絵はですね、和泉が堂本印象を知った&好きになったきっかけの絵でして。
ずーっと本物を見たかったんですが、なかなか美術館に展示されなくて;
でも今現在開催中の企画展で展示してあったのですよーvv
うぅ、こんなことなら無理してでももっと早くに行っておくんだった!
開催期間が残り少ないよ~…
12月9日までだから、あと1回くらいは見に行っておきたいなー
嬉しさのあまり、今日はにこにこしながら「木華開耶媛」の前に長時間陣取ってしまいました。えへ。


≫妙満寺
ttp://www.kyoto.zaq.ne.jp/myomanji/
≫堂本印象美術館
ttp://www2.ocn.ne.jp/~domoto/


続きは載せるのをすっかり忘れてた写真たち。
前に栗ちゃんと出かけた時のです。


吉祥院天満宮

吉祥院天満宮にやって来ました。

牛

牛。さすが天満宮…!

胞衣塚

胞衣塚。ここが菅公の出身地らしいよ。

三善院

三善院。


連れて行ってくれた栗ちゃん、どうも有難うでした!
今度、宣ちゃんのお墓に行ったらどんな感じだったか教えて下さい~^^


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。