Welcome to my blog

twilight drop

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I AND 愛

もうもう、最高すぎてどうしようかと本気で思うライブでした!
まず244くんが男前すぎて困った。
それなのに所々の仕草は29歳と思えないほど可愛いんだもんなぁ…

続きにセトリとレポ感想を上げておきます。 ※2008.05.05完成
まぁ、いつものように完璧自分のための覚え書きなんで ね。あまり期待はしない方がいいですよー!爆
また何か思い出したら追記する、かも?

I AND 愛

244くん、たくさんの愛をありがとう。


ENDLICHERI☆ENDLICHERI presents
244ENDLI-x LIVE TOUR '08 I AND 愛 4/28

≪SET LIST≫

01. ENDLICHERI☆ENDLICHERI
02. Blue Berry -NARA Fun9 Style-
03. 傷の上には赤いBLOOD
04. 闇喰いWind
~MC~
05. Say Anything
06. Gotta find the way to go!
(メンバー紹介)
07. Let's Get FUNKASY !!!
08. Silent Love
09. Yellow
10. プロポーズダンシング
11. Love is the key
12. Help Me Help Me …
13. OH LOAD!
14. 春 涙
15. Kurikaesu 春
(ダンサー紹介)
16. SPACE kiss
17. arco iris
18. Now's the time to change the world!
19. 愛 get 暴動 世界 !!!
20. White DRAGON

ENCORE
~MC~
01. Chace Comes Knocking.


**********

実は光ちゃんのミラコン以来の大阪城ホールでありました。
会場に入った瞬間に狭いと思った私はドームにだいぶ慣らされている… 汗
座席はステージの真横!!!
正面のビジョンは正直見にくい位置ではありましたが、終始オペラグラスが必要ないくらい近くで244くんを見ることが出来たので、もう大満足。夜中に上がったテンションは無駄にならなかった ぇ



「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」
オープニング。
244くんが何処から登場するのかさっぱりわからなくて、ステージ上をきょろきょろ見まくってました^^; 結果的にセンターステージの上部からでしたが。斜めの角度からバッチリ登場シーンも見ることが出来てよかったーvv
赤(臙脂?)のベレー帽は1年前に仙台で見た時と同じだったりするのかな。すごく似てる気がしたんだけど、どうなんだろう…。そしてヒゲが生えてたことに衝撃を受けました。い、いつの間に…!ぇ

「Blue Berry -NARA Fun9 Style-」
“NARA Fun9 Style”だと思い込んでたんですが、違ってたらごめんなさい ぇ
でも「Blue Berry」なのは間違いないよ!(そりゃそうだ)

「傷の上には赤いBLOOD」
「闇喰いWind」

~MC~
足元をぱたぱた払ってる。どうやら虫がたかっていたらしい。
さっきから僕の足元に虫が寄ってきてて… ←ぱたぱたしながら
この虫がね、リハの時からいるんですよ。たっかいチケット買ぉて来たんでしょうねぇ~ ←笑ってる
虫にもチケット売るんですか。むしろ虫がいちばん特等席じゃないですか(244くんに近くて 笑)

広島でうろうろしてた話。チンチン電車に乗ったとか。
大阪は今回2回目。前回は玉造に行った…、って話を私はBOOTLEGで聞いたんだよ、うん。ライブでは玉造に行ったとしか言わなかったけど、確か環状線に乗ったんだよね。
この前(なんばHatchに)来た時粉モン食いすぎたわぁ~
もしかしたら、俺が歩いた後に粉が舞っとるかもしれん。
 ←小麦粉?
そしたらないないしてな。 ←!!!
ないない、って可愛すぎるんですけど…っ(くらり)
そういえば粉モンをたくさん食べた話もラジオでしてたよね。ラジオ聞いててよかった~ってすごく思った瞬間でした 笑

駅のエスカレーターでの話。
えっとぉ、あれ、なんて言うんやっけ?
何かの名称が思い出せないらしい。珍しいなぁ、相方さんはよくあるけど 酷
サラリーマンの人が持ってる、こういうバック…
身振り手振りで説明する244くんが可愛い。後ろに引きずっていく様を見て、どうやらキャリーのことが言いたいらしい。すると、客席から「キャリー!」との声が。
そうそう、キャリーバックな! ←にこにこ
そのキャリーバックを持ってるサラリーマンの人がな、エスカレーターに乗っててんけど、上ってる途中で「ああああっ」言うて、上から下までキャリーをがたがたがたんって落としてん。 ←楽しそう
244くんって聞き上手だし話し上手よね。身振りも付けてくれるから、すっごく楽しく聞けるの。でも私もそんな場面目撃したら笑ってまうなぁ…サラリーマンさんには申し訳ないけど 笑
どないしたら落とせるんですかねぇ?
たぶんうっかり手が滑っちゃったんじゃないかな!ぇ

博物館(?)にスティーブと一緒に行って、展示品を触ろうとしたスティーブが係員さんに怒られた話。
そしてその係員さんがかみまくりで、非常に説明が聞き取りにくかったとか。
僕のマネージャーがね、ようかむんですけど。それを上回りましたからね。
でも隣のおじさんは「へぇ」って頷いてはって、理解できてるんですよ。

笑いながら楽しそうに話してくれる244くんが可愛かった!(ぐっ)

そば屋さんに行った時の話。
店員の男の子がね、気づくわけですよ。「もしかして…」って感じで見てくるから、俺も「もしかしてだけれども何か?」って見返して、
この「もしかしてだけれど~」の言い方が妙にツボにはまってしまいました ぇ
どうやら店員さんもテンパってたらしい。
箸が一膳しか出てこない、とか。おつゆが欲しくて言ったら聞き返された、とか。いったいどんなソバ屋さんに行ったんですか… 笑
「おつゆ下さい」言うたら「おつゆ?」って聞き返されて。ソバ屋さんで「おつゆ」を聞き返すってどないやねん。 ←思い出し笑い?めっちゃ笑ってるー

次に歌う曲(Say Anything)について。
さらりと和訳っぽい意味を言っちゃうからメモし損ねたー… orz
でも大まかに私が訳してたのと意味的にはそんなに外れてなかったかな?

「Say Anything」
「Gotta find the way to go!」

(メンバー紹介)
この時に使われてた244くんの写真がビジュ最強でありました。
見た瞬間にヤられたよ(ぱたり)
あの写真が欲しいと本気で思ってしまいました。黒髪パッツンに大きな黒い瞳が可愛すぎるんだよーぅ><
この時、244くんはヘルメット(?)を被ってました。アルバムのブックレットでも被ってた金色のです。たぶん同じのだよ ね? ぇ
こーれが暗闇で光るんですよ!正面が△の顔に……、ぶっちゃけ怖い 爆
会場が暗い上に視界も狭いためか、足元が見にくいらしく。ギターの音ひとつ変えるのに、何度も取ったり被ったりしてました^^;

「Let's Get FUNKASY !!!」
やっぱり歌い出しの部分が好きーvvv
「My name is 2/4/4/E/N/D/L/I/x. 244ENDLI-x」ってところがですね、すっごくかっこいいのですよ(ぐっ)
ダンサーさんが出てきたのが新鮮でした。うん、びっくり……

「Silent Love」

「Yellow」
黄色のライトに、ダンサーさんたちの黄色い衣装、黄色い風船。
タイトル通り全部が「Yellow」で可愛かったです。244くんのTシャツ(?)も黄色だったしね。しかも暗闇で光ってたし 笑

「プロポーズダンシング」
「Love is the key」

「Help Me Help Me …」
後ろのビジョンにはPVが流れてました。見にくかったけどね!
歌詞が一ヶ所変えてあったと思ったのは私の空耳だったんでしょーか 汗
「笑顔で愛 殺す」の部分が「笑顔で僕 殺す」って聴こえたんです が…やっぱり私の耳がおかしかったのかな、うん。。。
これも心に刺さる歌詞だよな、と改めて思いました。なんかね、うん 何
ただ、しんみりしながら聴いてたんだけどさー…途中から目の前で始まったスティーブの演奏に目を奪われてしまいましたよ。
ステージ横に置いてあったドラム缶に、こうドリル(?)をドドドッと突き立てて火花を散らせてですね。実は244くんが歌い始めた時から、暗い中でドラム缶動かしたりコードいじったりしてたんですよ。で、一体何してるんかなー?と思ってたら火花が上がり始めて…って、あー、上手く説明できない!笑
とにかくスティーブが素晴らしかったんです。うん。(どんな締め方ですか)

「OH LOAD!」

「春 涙」
イントロ聴いた瞬間、本気で泣けてきました。
だってまさか歌ってくれるとは思ってなかった!後で他会場のセトリ確認したら広島で歌ってたようだけど、それまで横アリと聖地(奈良)以外では歌ってなかったから正直あまり期待してなかったんだ。
今回のアルバムで好きな曲はたくさんあるけど、本当にこの曲は何度もリピートしてしまうくらい大好きで。CDを聴いて泣きそうになるくらい世界観に惹かれてて。244くんの生声で聴くことが出来て、ますます好きな曲になりました。最後のフェイクとか、透き通る感じで声が伸びていってもうたまらんよ…!
ピンクのライトがすごく印象的で、聴きながらずーっと目が潤んでました。フルコーラスだったら完璧に涙こぼれてたんだろうなぁ…^^;

「Kurikaesu 春」
こーれもPVが流れてたのにめちゃくちゃ見にくかった。ライブで見れるの楽しみにしてたのに…… orz
「春 涙」を歌い終わって244くんが裏に一度引っ込んだんで、TSUYOの衣装を着てくれやしないかと思ったんですが、儚い夢だったようです。うん、わかってた!でもちょっと「もしかしたら?」と思っちゃったんだもん 爆
この曲もすごく好きな曲なので、「春 涙」と続けて聴けて嬉しかったです。やっぱり244くんは春のイメージだなぁ、と思ったりもしました。「ソメイヨシノ」も含め。
振り付けを覚えたかったのに、結局よくわからないまま終わっちゃったー…汗

(ダンサー紹介)
244くんがいないなーと思ったら、ステージ横にある階段にちょこんと座ってました。なんか、その座り方がめちゃくちゃ可愛かったんですけど…!(重症)

「SPACE kiss」
Sankakuくんキタ─────!!!!!
ビジョンに傾きつつ映ってるのが可愛いなぁ。
彼も歌ってくれるとは思わなかったから、ビックリしつつも嬉しかったです 笑
ダンサーさんが皆△の被り物をかぶってて、一見すると異様な状態だなーと思ってしまいましたすみません 爆
244くんはメンバー紹介の時と同じ金色のヘルメットを被ってセンターに登場。そして△を被ったダンサーさんたちと一緒にダンス。
振り付け可愛かったから、これちゃんと覚えたいです。曖昧にしか踊れなかったからちょっと悔しかった。お尻を振る時の244くんの後ろ姿が可愛かった。後ろ姿の可愛い29歳 ぇ

「arco iris」
クレーン上から外国のお札っぽいものをバラまく244くんが男前だった。
アリーナしかお札は落ちてこないし、どんなに頑張っても拾えるわけがないからね。スタンドから男前な244くんを堪能しておりました ぇ
メキシカンなサウンドがかっこよくて好き。歌詞が「arco iris(虹)」と「te amo(あなたを愛してる)」だけなのもシンプルで好き。
arco irisだからかな、ライトが色とりどりで綺麗でした^^
そしてクレーンから降りるタイミングを計ってる244くんが何か可愛かった。ちなみにステージ内にそのまま収納されちゃうタイプのクレーンでした、…ってわっかりにくい説明だな 汗
お札、どうやらSankaku君のイラスト入りのものだったみたいです。いいなー!

「Now's the time to change the world!」

「愛 get 暴動 世界 !!!」
これも振り付けが可愛かった!もっとちゃんと覚えたいよーぅ 汗

「White DRAGON」

~MC~
胸のあたりを触りながら話す244くん。そのことを自分でツッコミつつ、
胸おっきくなってん。僕Bカップあるんですよ。 ←!!!
うん、知ってた。知ってましたよ?
でもまさか本人から自己申告してもらう日がくるとは思わんかった 笑
私、Bカップあるの。 ←言い直さなくてもいいよ…?
そしてさらに続く胸の話。
触らせませんけどね。特定の人にしか触らせませんから。 ←!!!!!
ちょ、何でこんな爆弾発言を投下してるの!!?
244くんがこう言った瞬間の歓声とか、もうすごかった。「だれー!!?」ってめちゃ聞いてたもんな。まぁ、皆の頭の中にいる「特定の人」は一人だけだったとは思うけどね!(笑…うしかない)
私もあの方しか思い浮かびませんでした 爆

僕の“ターギー”持ってきてくれる?
たぶんギターのことよね?と思ってたら、案の定そうだった。業界用語 笑
あとはマイクのことも“イクマ”って言ってたけど、これは正直すぐにわからんかったよー^^;
確かこういうトークの流れから、
やっすいトークでごめんね。
笑いながら言ってたけど、そんなことあるわけがないよ!244くんが喋ってくれるだけで高価値だってば!!

これから始まる曲について。
僕たち本当に長いんでぇ、あの、電車の時間とか危ない人は帰ってもらって大丈夫ですからね?
こんな感じの前置きが入ったから、アンコールはCCKかしら?と予想してみる。
ちなみに私もある意味電車の時間は危なくなってきてたんですけど ね。帰る気はゼロ 笑
ぴょんぴょこ跳んで、ね。 ←か、かわ…っ
とんで、とんで、とんで、
ちょーっとある曲を連想しちゃうんですけれど も。そしたら、
まわって、まわって、まわって、 ←笑いながら
やっぱりー!笑
円広志方式で、ね。
そして上沼恵美子ばりに割り込んで下さいね。

こーいうのは大阪だから出てくるトークだよなぁ(にこにこ)

「Chace Comes Knocking.」
本人が言ってたように、これが長かった長かった 笑
でもめちゃくちゃ楽しかったです!244くんはじめステージ上の皆さんもノリノリですごく楽しそうだったし^^
しょうこちゃんと交代してドラムを叩く244くん。これがもうすっごく楽しそうでね!叩いてる間中ずーっとにこにこ笑顔でした。楽しくて仕方ないって空気が伝わってくるし、そんな笑顔見てたらこっちも自然と笑顔になっちゃうよー 笑
ドラムを叩いた後は、ステージ花道(?)センターでドラム缶を叩くスティーブのもとへ。そしてセッション。途中で二人が叩くドラム缶の上に名越さんが乗ったり、周りで先生が転がって(?)たり。
244くんはブレイクダンスも披露してくれました!やっぱりかっこいい~~vvv
名越さんが演奏してる時だっけ?それとも先生が三点倒立してる時だった??(曖昧)とりあえず、244くんがスティーブに何事かを耳打ち。
…と、思ったら244くんがドラム缶の中にジャンプして入ったー!
これの相談をしてたのかしら?と思いつつ、失敗したら怪我するよー?とちょっと心配も過ぎった。でもドラム缶にジャンプして入るってどんだけ運動神経いいんですか。とてもじゃないけど真似できない(するな)
すっぽりドラム缶に収まっててなんか可愛いvvv
そしてスティーブやダンサーさんたちにドラム缶ごとセンターステージまで運ばれまして。ギターの音に合わせてモグラ叩きのように顔をのぞかせるんだけど ね、これが変顔のオンパレード 笑
でも最後にはカメラに向かってちゅう。
やっぱりキメるところはキメてくれる男前ですよね、244くんって…うん////

ステージ上に出てきた巨大ボード(?)に私は見覚えがある…!
「AND 愛」だけ書かれた真っ白のボード。
これって、もしかしてもしかせずとも、あの剛拓用ボード!!?
どきわくしながら見てたら、どうやら244くんがマイクを外したりしてるっぽい?そしたら出てきたアクリル絵の具を右半身に自分でかけはじめたよ…!!
赤・黄色・ピンク・緑・青などなど色とりどりの絵の具を腕やら足やらにかけ、髪の毛や顔にもどんどん躊躇いなくかけていく244くん。あの躊躇いのなさは「ヤミツキになる」発言(@BOOTLEG)の裏付けとった気分だった ぇ
そしてそして、、
剛拓いった───────!!!!!
くっきり綺麗に「I」を描く244くんの拓。だから勝手に魚拓ならぬ“剛拓”表記(読み方はツヨタク?笑)
初めて見たので、もう大興奮でしたっ><(落ち着け)
でもその後、右目に黄色の絵の具が流れてきてた……;;
そのため、最後のご挨拶は終始右目を瞑ったままでした。は、早く洗い流した方がいいよ…?と心配しつつも、何だか244くんがウィンクしてくれてるみたいでちょっとドキリ(腐ってる)

そんな状態のまま、ステージ両脇へとご挨拶。
最初に私の席の方側へ来てくれたんです が。こーれがもう、ありえんくらいに近かった!1列目じゃないのに、それでもすっごく近かった。
両手を振ってくれる244くんに「きゃあああ」と叫びながら(お約束)、思い切り振り返してきました。
ライブ中もオペラグラスは必要なかったけど、それでも最後の最後でこんなに近くで見れるなんて本当に幸せすぎて泣きそうでした。あーもう、涙腺弱いなぁ;;
そして反対側にもご挨拶した後は、ステージ中央へ。
「しーっ」という感じで口元に指を当てる244くん。
客席が静かになったところで、
あんなぁ、 ←生声ー!!!
俺なぁ、お前らのことぉ、 ←喋り方がかわ…っ
めっちゃ好っきゃねん!!! ←!!!!!
…っ、ちょ、もう、最後の最後でこんなの反則だってばーっ><

するとすると、先ほど剛拓をしたボードの前へ行く244くん。
ピンクの絵の具で自分の拓の隣にハート描いてくれたーvvv しかも描き終わった後、今度は絵の具を自分の唇に塗ってる。
ドキドキしつつ見てると、ハートの隣にちゅっとキスを…!!!
剛拓だけじゃなく、ハートが描かれ、しかも244くんの唇マークまでもがはっきり付いたスペシャルボードが完成。すごいすごい、初めて剛拓を見たのにこんなに豪華でいいのかな!笑

その後またステージ中央に戻ってきて、
来週もまた見てくれよなっ! ←悟空調(@ド●ゴ●●ール)何となく伏字 笑
そしてそのまますーっとステージからはけちゃった。
最後の最後でちゃんとオトしたなぁ、おい。さすが関西人 ぇ


でで、この時すでに22:30。
19時過ぎに開始した約3時間半に及ぶライブは終了したのでした。
もう今回はね、本気で最高すぎてどうしようかと思った!!
前回行った仙台ライブももちろんよかったけど、今回のライブがすごすぎたのかも。歌ってほしかった曲も歌ってくれたし、拓も見れたし、何かもう上げ出したらキリがないくらいに楽しかった。楽しすぎた。
3時間半なんてあっという間なんだよ!
今回のツアーは1公演しか参加できなかったけど、参加できたのがこの4月28日でよかったって、本気でそう思いました。
フェイクじゃない、リアルな244くんを近くで感じることができて本当に幸せでした。愛にあふれた素敵すぎるほどの時間をどうもありがとう。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。