Welcome to my blog

twilight drop

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.9.29(Mon)

  • CATEGORYKinKi
  • PUBLISHED ON2008/ 09/ 30/ 16:34
昨夜、無事にラジオ聴けました!
…と言っても熱出したりしてたんで(学外授業で悪化しました。凹)聴いたのはついさっきです。ちなみに今日の学外は休みました。今朝も微熱あったんだもん。むりむりむり。こんな寒い日に一日外いたらさらに悪化する。昨日もだいぶ辛かったのに… ←友人ズに「顔色悪い!」と一斉に突っ込まれた
昼過ぎまでずーっと寝続けてたらなんとか熱は下がってたので一安心。
そして相変わらず食欲はちゃんとあるので、今はけっこう元気です。油断大敵だろうけど。と言いつつラジオレポを完成してしまった私はもうバカ以外の何者でもないと思う。爆

えー、続きはそんなバカな和泉作成の全文レポです。
需要があるかも謎だし、これから毎回こんなレポを続けていく気力と時間があるかわっかんないので、不定期だと思っておいてもらえると有難いです。
今週はこーちゃんだけだから、早くおふたりでのラジオが聴けるといいなぁ。


2008年9月28日(月)

はい、どうもとこういちでございます。
えーー、この番組今日から時間帯が、変わりまして、そしてネット数も増えましてですね、えーーー、以前よりも多くの方々に、このきんききっずどんなもんやを聴いていただくことになると思うんですが、
えーーまぁ、もちろん、そのネット数も増えたことによって、はじめてこの番組を聴く人も中にはね、いるかもしれません。
えーーただ、ひとつ、言っておかないといけないっていうのは、
このどうもとこういちが、このきんききっずどんなもんやをやるときというのは、
あの、テンションはー、低いです。
それだけは、理解していただいてですね、
テンションが高い日の方が少ないと思いますので。
えーーまぁ、ただこう、なんていうんですかね、まったりと聴ける感じというか、えーーそんな風に愛していただければと思います。

さ、えーーーというわけで、
まず、まーーわたくし的には好きな宇宙の話題なんですが、
長さ10万キロのケーブルをのぼって宇宙へ行く宇宙エレベーターの研究団体が日本で結成された。
と、すごいですね。
赤道の上空に浮かぶ静止衛星から地上にむけてケーブルを垂らし、宇宙との間を昇ったり降りたりする宇宙船。地球の重力を脱出する燃料がいらないので、宇宙旅行のコストが約100分の1になる。
うん、実現すんのかなあ?してくれるといいですけどね。
でもこれもし、もしも、ケーブルがぷつって切れてぴゃーんってどっか飛んでっちゃったら、そのまま止まることなく果てしなくどっかに行き飛び続けるってことやんな。
こわいねえええ。
えー、まぁでも、なんかこういう夢のある話はいいですよね。
はい、きんききっずどんなもんやはじめまーす。


* * * * *

なんでもこいやのフツオタ美人。
群馬県のじゅんこさん。

「9月4日のサマリーで、」
えーー、これあれですね、誰だっけ。 ←ちょ、
へ、へいせいじゃんぷとか、なんかいろいろ若いこたちが出てる、あれですね。
「サマリーでこーちゃんを見ました。こーちゃんは終始腕組みをしていましたが、何故かちびっ子が出てくると妙にうけていました。最後に飛んできたテープを拾ってましたが、持って帰ったのでしょうか。たくさんのフライングや以前SHOCKでも使っていた金のさらさらなどもありましたが、先輩たち、」
んあ、ちがうわ、
「後輩たちのステージはいかがでしたか。あのあと、イノッチやタッキーとお食事にでも行ったのですか。」
ってことですけども、サマリー行きましたね。
ちびっ子が出てくると妙にうけていましたということなんですが、そんなとこまで見てたんですね。
なんか最後、噴水みたいなんがびゃーーーーって上がったところに、
海パンの男のこたちがいっぱい出てきて、こーれにぼく的には大爆笑でね、
海パンをはいた男のこたちが、あのーーステージから出てる噴水に打たれに行くねんで?
こんなおもろい演出ないやないかと、ぼく的には大爆笑でしたけども。
まーーー、なにせよ客席が若いのにぼくは驚きましたね。
ええ、これがいちばんのびっくりで。
そうそう、それで、会場に入ったときにですね、
あの、もうなんでしょう、開演前からこう、パフォーマーたちがパフォーマンスしてるんですね、いろいろ。なんか宙ぶらりんになってる人がいたりだとか。なんかそういう人たちがいたんですね。
その宙ぶらりんになってる人がね、ぼくの知ってる人でね、それがまたおもしろかったんですね。
「つーか君、たけしまくんやんな?」て言ったら頷いてたのが非常に、
マスクをしてたんで顔は見えなかったんですけど、こう宙ぶらりんになって、
「たけしまくんでしょ?たけしまくんでしょ?」て言ったら「はい!はい!」って小声で言ってたのがぼく的におもしろかったですけどもね。
えーーーあのあと、イノッチとかタッキーとかとメシには行きませんでしたね。
じゃにさんが、ぼくが帰ろうと思ったら、じゃにさんが、
「ユーたちなんとかなんとかホテルが近くにあるからそこでメシでも食べていく?」って言われたんですけど、「あー、いーやいーや」って言って帰っちゃいましたね。その日はね。
みんな個々それぞれ帰っちゃいました。
はい、というわけで、
えーー以上、なんでもこいやのフツオタ美人でした。


* * * * *

さ、続いてのコーナーですが、数字王への道。
ということで、数字をみて何を表してるのかを推理するコーナーと、えーーーいうことですね。
まあ、リスナーの皆さんにも考えていただこうと思いますが、
今日の数字はこちらです。
「2.9年に1回」
これはな、ん、の、データ、なのか。
ヒントいち、ものに関するデータ。
 ←すぐヒントを読む。笑
ふうううん。
ヒントに、平均は2.9年ですが、若い人はもっと短いかもしれません。
んん?ものに関するデータなのに、若い人のほうがもっと短い。2.9年。
ふううん。ヒントさん、あるものを買い換える期間です。
若い人は、もっと短いけども、
でも日用品だよねたぶんね。
日用品ていうかこう、日常生活でよく使うものっていうことだよね。
もしかしたら使わない人もいるかもでしょ。ドライヤーかなって思ったんだけど。
今そこにいる彼はね、あのーー五分刈よりもちょっと長いぐらいなんで、使わないかなと思ったんだけど。
はぁああ、ドライヤーじゃない?
2.9年、まぁだいたい約3年ぐらいでしょ。3年ぐらいで、買い換えるもの。
いやああ、むずかしいなぁ。しかも若い人のほうが、使うと。
え、これ答え?答えなの?
 ←答えの書いた紙かなんかを渡されたもよう
まだ見るか、ボケ。まだ正解ゆうてへんねん、おれは。
なんやろ。ええいやあああくやしいなあ、これ。
おれ使うかな?使う。
やーーーー、車じゃないでしょ、車もっと乗るよね。
車は大体3年であのーーーー、ね、税金のあれ終わるんで、3年で買い換える人もいるけど、
いや、くやしいなあ。
これわっからんわあああ。
2.9年に1回。持ってない人のほうが少ない。
 ←めちゃくちゃ考えてる
わかったあああああ! ←声が嬉しそうなの
携帯や!正解!わ、ほら、携帯電話を買い換える平均年数。
あーーー、まあ今のはもうほとんど正解、、もヒント出しすぎ、もらいすぎですよね。
これは内閣府が行った調査がもとになっているそうで、
あ、じゃあこれ信用性ありますよね。
使用耐久消費財の買い換え状況によると、携帯電話の使用年数は2.9年と。
ふぇえええ。
もっと短いかもね、若い人ね。
最近はぜんぜん買い換えなくなっちゃったな、携帯。
何でもいいやーって思うようになっちゃった。
その他のもので言えばテレビなんかは9.6年。
ま、テレビはもう買い換えないとデジタル放送になりますからね。
車だと7.3年。
パソコンは5.5年だと。
ほーー、今でも携帯高くなったからね。
昔はもう毎年のように換えたりとかね。新しい機種が出るごとに換えたりとかっていうのが結構ありましたけど、今はなくなりましたね。
はい、というわけでおもしろい数字、それから前半で紹介するお便りお待ちしております。



宛先インフォメーション


はい、歌でーーーす。
きんききっずのシングルですね、「Secret Code」お聴きください。どうぞ。



♪ Secret Code


お別れショートポエム。
今日は千葉県のペンネームやっきーさんのポエムです。

「金曜日、ある先輩が土曜日だと勘違いしていたという理由で会社に来なかった。その話はフライデー事件と呼ばれ、数年経った今でも伝説として会社中に語り継がれている。」
まああ、そういう勘違いはあるかもしれへんなぁ。
ていうか、おれらなんかはそのーーーね、別に日曜が休みだとかそういう概念がまったくない仕事なので、
ある意味そういうのって、こう曜日感覚がなくなっちゃうんですね。
だから何曜日だと思って生きてたりすることがほっとんどないですね。
今日何曜日なんだろうなって言われてもわからんぐらいです。

ちょっとお知らせさせていただきましょう。
10月29日にリリースになるんですが、
えーーー今年のやった、2008年にやりました『Endless SHOCK』、帝国劇場でやった舞台がですね、DVDになって発売されます。
どうか皆さんぜひチェックしていただきたいと思います。
ま、今回のDVDは、んーーー前回出したDVDとはまた違った見せ方をしようという感じで、前回かなりカット割なんかもちょっと細かすぎるというくらい細かかったんで。
今回は結構どしっとした、えーーーーー、ぼく的には非常に見やすいアングルっていうかね、カメラ割になってると思うんで、まーその臨場感ていうか、やっぱり舞台で観ていただくのがいちばんですけども。
なかなかチケット取れないという声も聞いておりますので、
その方たちのためにも、またあのときの感じを感じたいという人のためにも、
両方の方のためにもですね、観れるようなものになってると思いますので、
ぜひチェックしてください。よろしくお願いいたします。

はい、お相手はどうもとこういちでした。
ばばい。




こーちゃんの効果音がかわいくてにこにこしちゃった。
「ケーブルがぷつって切れてぴゃーんってどっか飛んでっちゃったら」のくだりが大好きです。ぴゃーん。笑
ただ後輩くんたちのグループ名はさらりと言おうよ。こーちゃんらしいけど。
DVD告知を聞いてますます発売日が楽しみになってきました。チケット取れない人たちのためにも、って言ってくれたのが嬉しかったのです。前回のDVDとは舞台の内容もだいぶ変わってるだろうし、本当にいろいろ楽しみ!SHOCKの前には司くんのDVDが発売されるし。楽しみがたくさんあるって幸せだなぁ。
あとは風邪がなおればね。うん……。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。