Welcome to my blog

twilight drop

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信太の森のうらみ葛の葉

  • CATEGORY巡り記
  • PUBLISHED ON2007/ 03/ 25/ 23:57
インテックス大阪でのイベ参加後。
千晶さんと一緒に念願の信太森葛葉稲荷神社まで行って参りました~!


とりあえず最寄の北信太駅で電車を降ります。
するとそこには、葛葉伝説関連地を案内した看板があるじゃないですか!
正直、神社しかないと思っていたため驚きました…
千晶さんとも相談した結果、急遽“信太の森の鏡池史跡公園”と“信太の森ふるさと館”にも行ってみることに。
時間が夕方近かったために少し慌て気味でした。だって、資料館系って夕方には閉まっちゃうもの…!

で、こちらが鏡池。
鏡池

葛葉伝説の舞台と伝えられる場所なんです が…
背景が思い切り団地であるため、正直趣には欠けます ね。
“信太森”というくらいだから、昔は木々が鬱蒼と繁っていたんでしょうけど…今は開拓されてしまっていて、池も住宅地の中にぽつんとある印象かな^^;
ふるさと館には、標本や写真などが展示してありました。葛葉伝説というよりは、信太森の自然を中心に取り上げた展示かも。
そうそう、この館限定の狐ストラップが売ってありましたよ~ 買わなかったけど(ぇ)

鏡池とふるさと館を後にし、今度は本来の目的地でもあった葛葉稲荷神社へ。
葛葉稲荷

まず初めに驚いたのが祭神。
もう、私が謝罪をするためにある神社かと思うほどだった(爆)
ちゃんと「創作で好き勝手書いてしまって申し訳ありません」と謝ってきました よ……;
境内はとても静かで、思ったよりも広い印象でした。
のんびりまったりと神社境内で過ごすことが出来て、かなり満足ですよ~v
姿見の井戸もちゃんと覗いて来たし!ぇ
叶うことなら本殿奥に安置されてるという白狐石や御霊石も見てみたかったけど…まぁ、それは仕方がない。
本で見て以来、実物が見たかった歌碑は見れたのでヨシとします。
歌碑

この写真では、非常にわかりづらいことこの上ないですが(汗)

恋しくば 尋ね来てみよ 和泉なる
             信太の森の うらみ葛の葉


という、かの有名な葛葉姫の歌が詠まれているのです^^
実はこの歌の詠まれた歌碑って、福井県名田庄の暦会館入口にもあるんだよね。葛葉稲荷の歌碑みたいに、狐は彫られていないけど。
安倍晴明関係に興味のある方には、名田庄もお勧めの地ですよ~
私もまた行きたくなってきた!笑

神社で頂いた由緒書にある葛葉伝説は、特に珍しい説が書いてあるわけではなかったか な。
伝説には何通りかの話があるわけだけど、その中の一つとして以前何かで読んだことある感じ。
まぁ、細部に関しては「へぇ、そうなんだ」と思ったりもしましたけど。
とりあえず創作『永遠に咲く花』では、伝説であるということを最大限に生かして、和泉流に色々いじって書いていくことでしょう…
伝説のちゃんぽん(ぇ)

今回悔やまれたのは、聖神社に行けなかったこと&葛葉稲荷神社の御朱印が頂けなかったこと。
この二つを叶えるために、また行こうと心に誓いました。
交通費かかるけど さ…
それでも片道千円ちょっとだから、東京に行くことを思えば…!爆
その時は阿部王子神社と安倍晴明神社も行けたらいいなーv



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。